スポンサーリンク

服選びが好きになった

  • コーディネートは楽しい。
    最近、服を着るのが楽しい。昔は、ファッションに何の興味もなかった。興味がないとは少し違うかもしれないが、ファッション誌などは読まないし、今は何が流行っているのかもよくわからないし、洋服屋さんで話しかけられるのがものすごく苦手であまり近寄りもしなかった。そして、服に少し興味が出てきて洋服屋さんに行こう思った時にふと、服屋に行く服がないと思い行きたいがいけないと悩んだこともある。

    しかし、ある時大好きな本屋巡りを楽しんでいるとあるタイトルの本を見つけました。その本のタイトルは「服を着るならこんな風に」まさに服選びに困りきっていた自分にぴったりのタイトルだと思った。手に取ってみると自分と同じような悩みを抱える主人公にコーディネート好きな妹がわかりやすくおしゃれに見える簡単テクニックを教えていくストーリーのエッセイ漫画だ。原作には、プロのアドバイザーとして活躍するMBさん監修のもと、定番のコーディネートだけれどなく、今リアルタイムで流行っているのかも流行の流れ、安くて手に取りやすいマストアイテムやショップの紹介など、読んだら今すぐにでも始められる情報がいっぱい収録されていたのだ。一話で紹介される黒のスキニーパンツは、主人公と一緒で二着も買ってしまった。街を見渡してみるとオシャレそうだなーとなんとなく見ていた道ゆく人が高確率で黒スキニーを、履いているではないか。日本人の胴長短足の体系を足を細く見せることによりバランスを取りまるで足が長いかのように見た目をカバーしてくれるらしい。自分も黒スキニーを履いてから職場のスタッフに私服で会うと足長いんですね!と褒められたりしたので効果は抜群と言えるだろう。もともと服のコーディネートはもちろん、アクセサリーなんかも持っていなかった。身につけるとかっこよく感じるけど、どんなアクセサリーがくどくなくて自然に身につけて入れるのかと悩んだ挙句買えないの繰り返し。そもそもアクセサリーだけで見るからわからなかったのだ。今では、今持っている服に合わせられるのか?とか、こうゆう服にこうゆうワンポイントのアクセントを入れたいからこういうアクセサリーはないか?とトータルコーディネートを考えながらお店を見るのが楽しい。前まではお店の中にいるのも窮屈に感じていたのに、今では欲しいのものを自分で探し出すことが楽しくて時間が経つのが早く感じている。

タイトルとURLをコピーしました