スポンサーリンク

山でもやっぱりたくさん食べたい

登山が好きだ。スポーツに得意不得意はつきものである。スポーツ全般が好きだ。だからといってうまいとは限らない。そんな中でも登山は特に好きだ。マイペースで楽しめる。人と競わなくてもいい。得意不得意がほとんどない。必要なのは根気と元気。正直、山を登るのは疲れるが、汗を掻くのは気持ちがいい。乾いた喉を冷たい水で潤すのがとっても気持ちいい。元々体を動かすことは好きだったが汗を大量にかく体質で人前での運動は少し苦手。自分のペースで他の人に迷惑や気遣いもない登山は自分にピッタリのスポーツと言えよう。

体を動かすとどうしてもお腹がすく。山での食事、実は五割はこれが目的で山に登る。先ほど言ったように、カラカラなのどを潤す水が格別。行動食という名目で高カロリーのチョコレートなどを食べると力がみなぎって来るような気がする。山頂で食べるおにぎりのうまさは、みんな知っていることだろう。小さい時に一回は遠足で頂上でみんなでお弁当を食べたと思う。大人になるにつれてその記憶は薄れ、あのワクワクがなかなか思い出せなくなってくる。苦しい坂道だけが思い出され、上る前から気持ちが折れてしまう。実にもったいない。毎日たくさん働いてるのに休日まで、体を動かしてわざわざ疲れるなんて理解しがたいと感じる人もいるだろう。

そんな人にこそ、登って欲しいのが東京都にある高尾山である。多くの山に登る経験者などから言わせれば、登山と言うよりハイキングに近いだろうと思われるかもしれない。でも初心者だけでなく色々な人たちに登って欲しい。道のりは長いがゆっくり着実に登れる1号路やお年寄りや登山未経験者でも安心なロープウェイもある。経験者にもおすすめな陣馬山へ繋がる裏高尾コースなども楽しめる。

そして今回楽しんでほしいのは、たくさんのお茶屋さんだ。

色々なお店の趣向を凝らしたお団子や名物の山菜そば、とろろそば。今では、若者にも大人気のチーズタルトやここだけでしか食べれない黒豆たっぷりでしつこすぎない甘さの天狗焼きは何個でも行けちゃう。

特製のラーメンや麓のレストランで食べるピザにジェラート。

お土産屋さんのにんにく煎餅や燻製卵も絶品です。

さらに頂上を越えてもう少し先には特大のかき氷を出すお茶屋さんもあり、夏の日差しで熱を持った体を一気に冷やしてくれるのだ。夏はロープウェイを登った先にビアガーデンも開催される。行きは登山で汗をかき、ビールでのどを潤すなんてプランは酒好きにはたまらないだろう。

これだけたくさんの美食に溢れる山だと知らない人も多いだろう。ぜひまだ挑戦したことのない方に試してもらいたい。

 

タイトルとURLをコピーしました